×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドライアイに効果がある食べ物

アントシアニン

アントシアニンは、網膜に存在するロドプシンという色素体の再合成に作用することで、視力の低下を防ぎ、目の機能を高めます。
このアントシアニンが豊富に含んだ食べ物には、「ブルーベリー」があります。
ブルーベリーは、アントシアニン成分の種類がとても多いことのほかに、冷凍保存にも向いていることや、ジャムなどの加工品にしても効率よくアントシアニンが摂取しやすいなどの理由から、とても注目されています。
アントシアニンを含む食材には、他にも黒豆や、シソ、赤ワインなどがあります。
また、アントシアニンには、抗酸化作用がありますが、ビタミンCを同時に補給することで、体内にあったビタミンCのダメージを補い、老化の原因となる活性酸素を除去する効果を強めます。


ビタミンA

ビタミンAは目の乾燥を防ぐ効果があるため、ドライアイの予防には欠かせない栄養素です。
ビタミンAが過度に不足すると、目の光を感じる機能が働くなり、昼でも薄暗く見えてしまう夜盲症が発症しやすいことが確認されています。
ビタミンAを多く含んでいる食材としては、「レバー」や「うなぎ」のほか、野菜では「シソ」や「ホウレンソウ」などの色の濃い野菜に多く含まれています。これらの食材は、スーパーの店頭で入手可能ですので、効率よく日々の食事に取り入れていきましょう。


ビタミンB1

ビタミンB1は、エネルギー代謝に必要な栄養分なため、不足すると目から脳への意思疎通が滞ってしまい目が疲れやすくなってしまいます。
また、激しい運動を行っていたり、菓子類や飲料からの砂糖の摂取が多い場合は、ビタミンB1の消費も多くなり、欠乏しやすくなるので注意するようにしましょう。
ビタミンB1が多く含んだ食材には、「豚肉」があります。特に「豚ヒレ」と「豚もも」には、豊富に含まれています。


ビタミンB6

ビタミンB6を効率よく摂取することで、眼球の大部分を構成するたんぱく質の吸収を効率よくすることができます。
このビタミンB6には、眼精疲労を軽減したり、目の炎症を防ぐ効果もありますので、目には大切なビタミンの一つと言えます。
このビタミンB6が多く含まれる食材には、「レバー」や「卵」、「にんじん」や「ホウレンソウ」などの緑黄色野菜があります。


ビタミンB2・B12

ビタミンB2とB12は、目の細胞を再生させる効果を持っているため、目の炎症による充血や、疲れからの回復を早める効果を持っています。
得にビタミンB12は、目の調整機能を回復させる効果が期待できるため、ドライアイだけでなく視力低下も防ぐことができます。 ビタミンB2・B12が多く含まれる食材は、「レバー」、「イワシ」、「サバ」、「サンマ」などの青魚や、貝類に多く含まれています。


ビタミンC

眼球を構成している栄養素のうち一番多いビタミンがビタミンCなのです。
このビタミンCが欠乏すると、白内障や、飛蚊症になる確率が高くなると言われ、目薬の成分の殆んどに、このビタミンCが含まれていることからも、目に大きな役割を持っているということが分ります。 ビタミンCが多く含まれる食材としては、「サツマイモ」や「ブロッコリー」、「カリフラワー」、「ホウレンソウ」、「ピーマン」、「キャベツ」などの野菜類があります。


ニンテンドーDS「目で右脳を鍛える」で有名な川村博士が監修した視力回復プログラムです。

毎日数分間、簡単なゲームをするだけで、視力回復に必要な筋肉を鍛えられます。