×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドライアイの治療「涙点プラグ」

涙点プラグは、代表的なドライアイ治療のひとつです。 涙点プラグとは、ドライアイによる目の表面の障害を改善するための医療用の栓子のことです。
涙点プラグは、全長1~2ミリほどの小さなシリコーン製で、目頭側にある涙点と呼ばれる小さな涙の排出孔に挿入することで、涙の流出を防止し、目の表面に涙を溜めることで目を潤します。

治療は、点眼麻酔をした後に、専用の測定器で涙点の大きさを測定して、涙点の大きさにあったプラグを挿入するだけですので、手術などの必要はありません。
装着後から通常通りの洗顔や入浴も行えますし、治療が必要なくなれば、いつでも取り外すこともできますし、また再装着することもできます。特に異常がなければ、そのまま装着したままでいることも可能です。

涙点プラグによるドライアイの治療は、自分の涙を使って目を潤すわけですが、涙点を塞ぐことで、涙と一緒に排出していた眼の老廃物や埃や異物などの排出もできなくなります。つまり、老廃物や異物が眼に留まることで悪影響を与えることもありますので、必ず定期的に眼科での受診を行いましょう。
なお、涙点プラグによるドライアイの治療には、保険が適用されます。

ニンテンドーDS「目で右脳を鍛える」で有名な川村博士が監修した視力回復プログラムです。

毎日数分間、簡単なゲームをするだけで、視力回復に必要な筋肉を鍛えられます。