×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドライアイが増える理由

ある調査によると、パソコンを使うオフィスでは実に30%の人がドライアイの症状が出ているというデータがあります。
最近のオフィスでは、パソコンを使って作業をする機会も時間も増え続けていますし、プライベートでも多チャンネル化したテレビを見たり、インターネットにコンピュータゲーム、そしてスマホなど、目を酷使する環境の中で生活していると言ってよいでしょう。
さらには、エアコンなどの空調の多用により、室内は乾燥する傾向にあるなど、目が乾かない方がおかしいくらいです。

そして、自分自身が「ドライアイ」であることに自覚がない人が多いことも理由です。
目の疲れは、最初のうちは一晩寝ると消えてしまうことも多いため、どうしてもケアを怠ってしまう人が多いようです。
ドライアイは、自分の周りの環境を改善することなく、自然に良くなることはありません。
まず、ドライアイの症状を自覚したら、自身の環境を少しずつ改善することから始めましょう。

ドライアイの危険性!

ドライアイは目が乾いてしまうことで、色々な症状を引き起こす訳ですが、なぜ目が乾くと体に良くないのでしょうか?

目の乾きの原因は、涙の出る量が減少にありますが、この涙はとても重要な役割をもっています。
涙は、目が乾かないように表面を循環しているだけでなく、目の洗浄や目の殺菌したり、栄養や酸素を供給するなど、目の健康に寄与しているのです。

このような役割をもつ涙が、ドライアイによって減少したり、成分が変わってしまうと、当然、目の健康は損なわれる事になります。
涙が十分に行き届かなくなると、目が乾燥して不快になったり、とても疲れやすくなってしまったり、進入してくる様々な雑菌に対する抗菌効果が低下してしまうのです。

もし、涙が不足した状態が長く続いた場合、目に傷がつくことも考えられ、その傷から雑菌が入ってしまえば、さらに深刻な症状を引き起こすことになりかねません。
涙の減少は、目の健康を守るシステムが崩れることと同じです。たかがドライアイと軽く見ることなく、少し自覚症状があったら、早めに眼科検診を受けましょう。





ニンテンドーDS「目で右脳を鍛える」で有名な川村博士が監修した視力回復プログラムです。

毎日数分間、簡単なゲームをするだけで、視力回復に必要な能力を鍛えられます。